マイペース生活

みんなからよく「マイペースやねぇ~」といわれます(*^_^*)


マイホームを建てようと県に許可をもらうのにかかった日数。
2年半。

もともと農地だったところを宅地へ変更。
県に”建築許可”をもらわないと家は建てれません。

うちは裏が川になっています。
この川があるために色々な条件を付けられました。

自分の土地に自分で家を建てるのに何でここまで厳しいのか??
もし何かあったら県が保障してくれるわけでもないのになぜ条件がいるのか??
納得のいかないことばかり。

結局、台風や地震で川沿いの壁が崩れても心配ないようにと基礎の下に補強をすることで許可が下りました。
またこの補強がすごい!!

地面から1㍍60㌢の深さで厚み20㌢のコンクリート補強をすることになりました。
こんなの聞いたことも見たこともありません。

けどこれをやらないと家は建てれません。。。
大工も家族も、友達も、みんなみんなびっくりです。

鉄筋を指定された間隔で入れていき、コンクリートを流していきます。
おおきな穴を掘っていると通りがかりの人に「何が建つのですか?」とか「地下室ですか?」と何人にも聞かれました。それほどの物です。。。

SCF0470.jpg

SCF0531.jpg

これだけの物をするとなると工事費、予算オーバー。。。。
この許可をもらうのに行政書士に払うお金も予算オーバー。
通常、2、3ヶ月でおりる許可に2年半もかかったのですからそれだけ費用も余分にかかりました。

県の許可??
はぁ~~??

やっぱりおかしい。。。

紙の上だけのものなのに手間と時間、費用はかかるし。
も~感がえただけでムカツク!!

けどそれに従わなくてはならない。それも悔しいが仕方ない。
まぁ、怒りながらも進んでおります

SCF0570.jpg

この上に基礎がきます。

ようやく進みだしたマイホームへの道。
9月の中旬に「地鎮祭」を行いました。

SCF0372.jpg

今は、地鎮祭などは行わない人も多いようですが、昔からしていることはできるだけ行いたいを思っていました。
大工さんも「したほうがいいよ~」ということなので。

神主さんにお願いに行き、用意するものを聞いてきました。
お酒(奉納)、お頭付の魚、海のもの(わかめや昆布)、地のもの(土の中にできる野菜と地上になる野菜)、お菓子のお供えは自分たちで用意しました。
あとは、お塩にお水、スコップや鍬など・・・

へぇ~
知らないことばっかり。
地鎮祭はこれから作業してくれる人たちがケガなく作業ができますように。
という意味があるようです。

砂に鍬入れ。
TVではよく見る光景ですが自分がするとは。。。
跡取りとなる息子さんもちゃんと旦那様と鍬入れをしました。

SCF0395.jpg

ちょっとたくましく見えたな~

地鎮祭を終えて改めてここに家ができるんだなぁ~
としみじみ感じました。

このたび我が家がマイホームを建てることとなりました。
結婚してからすぐにでも自分の家が欲しいと思っていましたがやっと実現です。

ここまで来るのにいろいろと苦労することもありました。
簡単に思っていたこともうまくいかず・・・
何度もあきらめかけましたがスタート時点へたどり着くことができました。

旦那様の実家の畑を分けてもらい、宅地へ変更しました。
とても広い土地を分けてもらいました。

DCF0356.jpg

この場所からは川が一望できます。
両隣も家がなく、とても素敵な場所です。

これからここへ夢のマイホームができると思うとうれしくて仕方ありません。

まわりのたくさんの人の協力無しには、ここまでこれなかったと思っています。
これからも周りの人にたくさん助けられるんだろうな。。。
まわりにそんな人がたくさんいて幸せ者です。

これからマイホーム完成までの道のりを綴っていきたいと思います。
どーぞお付き合い下さいね。