マイペース生活

みんなからよく「マイペースやねぇ~」といわれます(*^_^*)


3月23日に誕生したうちの息子さんの「お宮参り」を昨日済ませてきました。正式には男の子は生後30日目、女の子は生後31日目に行うようですが、まぁ~うちはそんなの関係ねぇ~
天気もよく・・・いや暑いぐらいの陽気でした。ダンナ様の両親と一緒に実家近くの神社へ。
着物を着せてもらいダンナ様のお母さんに抱っこされて無事お参りを済ませました
その後、写真館へ出向き、みんなで記念撮影。かなり疲れてしまいました。。。。
けど誕生して1ヶ月あまり。ひとつ、行事を済ますと1人の人としてこれから長い人生を送るんだぁ~としみじみ感じました
「名付け」「お宮参り」が終わり次は「初節句」
うちでは5月4日に予定されています。今年は兄夫婦の3ヶ月違いの次男と一緒に初節句のお祝いをします。
DSCF1713.jpg

ダンナ様の実家にはうちの息子さんに頂いた人形が2つ。親せきのおじさんからとお父さんの友達からです。
同じように兄夫婦の次男にも2つ。そのほかに長男の時のとダンナ様の分、兄ちゃんの分、あわせて7個の人形が座敷を占領していました。うちは人形屋か
DSCF1712.jpg

26日の土曜日がダンナ様の初潜り記念日となりました
午前9時の干潮に合わせて元気に出かけていきました。
今回の結果は・・・・
DSCF1704.jpg

サザエが15個、ナマコが8個でした。リクエストしていたアワビは残念ながらなし。。。
”初”にしてはマズマズの結果ではないでしょうか。
だいたいの感じをつかんできたダンナ様はこれから度々、でかける予感がします。
さっそくサザエは焼いて食べました。ナマコはダンナ様が処理をしてポン酢でいただきました。
しかしナマコを初めて食べた人はいったいだれなんでしょう??すごいなぁ。

ずっと前にもこのブログで書きましたが、うちは小学校のすぐとなりに家があり、その壁ぎわで飼われているのがジープ君です
毎日、小学生が休み時間にジープ君を見にきます。ちょうど近くには3年生の教室があるようです。
以前は『こうちゃん』と勝手に名前を付けられていました。
・・・が4月から学年が変わり新しく3年生になった子供たち(新メンバー)が新しい名前を付けているようです。
よく聞いてみると。。。。『しのぶ~しのぶ~』
えぇ~ ”こうちゃん”改め”しのぶ”になっていました。って男の子なんですけど・・・
さらにまたまた違うメンバーの子供たちがいて、その中に「この犬の名前しっとるよぉ~」というちょっと期待できる子がいてその子が「この犬の名前はジーフ!」
ジーフ?フ?プ?フ??そう、残念ながらこれも間違っています
家の中でこれを聞いているわたしも間違いだらけで呼ばれ続けているジープ君も毎日何だがシックリこない感じで過ごしております。
DSCF1253.jpg

久しぶりに徳島のうまいもん情報です。
駅前、徳島そごうの外側(うまく表現できませんが・・・)にあります大判焼きの『あたりや』
徳島では知らない人はいないというぐらい有名なお店です。わたしが知っているぐらいだから。。。
このお店は珍しくダンナ様から教えてもらいました。まだダンナ様が学生のころからあるお店らしいので古いお店になると思われます。
ここの大判焼きはたっぷり入ったおいしいアンコと、なんと言っても一個50円という安さ
値段が分からずとりあえず買いに行ったとき10個注文し「500円です」と言われ、思わず聞き直したほどです。
この価格は昔からずっと変わっていないようです。
いろいろなものの値上げが続いていますが、あたりやさんにはがんばって50円のままでいてほしいです
DSCF1693.jpg

今日の夕方、家で洗濯物を取りこんでいると「ピンポ~ン」と鳴りました。応対に出てみると80才後半ぐらいの老人がいました。
腰は大きく折れ曲がったおじいさん。身なりは決してきれいとは言えない服装で立っていました。
そのおじいさんは自分の名前であろう身体障害者の証明書を出しこう言いました。
「私は障害者で仕事がなく今からマッサージの資格を取ってがんばろうと思っていますが資金がありません」と。
手には瓶などの飲み物にふたができるものを持っていて助けると思って200円でも300円でもいいので買ってくださいと言い出しました。
私から見ればその商品に価値はなく、またそのおじいさんの話はウソだなぁ、すぐ分かりました。
しかしお金がなく働ける状態にはないのはまぎれもない事実でしばらく考え、ウソでもいいかぁと思いそのおじいさんに300円、渡しました。
すると「白いご飯を食べさせてください」とお願いされ、さすがに少々恐くなり丁重にお断りすると「じゃ、パンか何か食べる物を。。。」といわれ、台所からお昼に買っていた菓子パンとたまたま目に入ったペットボトルのお茶をにぎりおじいさんに渡しました。
「おじいさん、もうこれで帰ってね。それともう家へは来ないでね。」といいました。
そのおじいさんは私からパンとお茶を受け取ると手と手を合わせ深々と頭を下げ「ありがとう」といいました。
玄関を閉め、気になって窓からのぞいてみるとおじさんは新聞紙を敷き、今渡したパンを食べていました。
しばらくするとそのおじさんは自転車をおしてトボトボと歩いていきました。
その姿が見えなくなるまで窓からずっと見ていて、とても切ない気持ちになりました。
DSCF1697.jpg

300円と菓子パン、お茶と引きかえにおじさんから
 もらった商品
 プライスレス(笑)

2月の末から出産のために里帰りしていましたが無事3月23日に元気な赤ちゃんを出産することができ、4月12日に徳島へ帰ってきました
1ヶ月半、実家でお世話になっていましたが家に戻ってきてダンナ様と赤ちゃんの3人での生活がスタートしました
6年前、結婚して香川から徳島へお嫁に来たとき、右も左も分からず(おおげさだけど何度も道に迷いました。。。)知り合いもいない中、何度「香川へ帰りたい」と思ったことか・・・
けど『住めば都』というように今ではすっかり徳島人になっています。徳島へ帰ってきたときはホッとするし、困ったことがあれば助けてくれる人もたくさんできました。
ダンナ様の両親や兄姉もみんな仲良くよくしてくれます。
初めての子育てで分からないことばかりだけど勉強しながらがんばっていきます
しばらくはお出掛けも外食もできないので身の回りのことが中心となりますがどーぞよろしくですぅぅ。

夏の阿波おどりに次ぐビッグイベント『はな・はるフェスタ』
今年は4月25日~27日まで開催されます。ちょうど去昨年の今ごろ、県外の友達から「ブログ見て行って来たよ」と連絡がありました
なので今年も日程を報告しておきます。
開催場所は徳島駅近くの藍場浜公園一帯。車では混雑するので公共機関を使うと良いと思います
昨年に引き続き、「徳島ラーメン博覧会」も開催予定。好評だったようで今年も有名店が大集合するようです。
もちろん阿波おどりも見られます
桟敷席の観覧はすべて無料です。昨年のはな・はるフェスタは32万人もの人が来たようです。今年も大いに盛り上がってもらいたいです。
200_120779438165.jpg

このブログでもたびたび登場するうちのダンナ様。
まだ若い??のに変わった趣味を沢山持っています。
車に始まり、春は渓流釣り、夏は鮎釣り、秋は海釣り。冬になるとイノシシ猟が始まり、冬が終わるころには鉄砲片手にまたも猟・・・
たぶんよく考えるとまだまだ出てきそうですが。
こんな状況の中、新たな趣味ができたようです。それは『潜水(素潜り)』です
小さいころから川の近くで育ったダンナ様は川で潜るのは朝飯前。しかし海は”初”です。
以前からスキューバーも機会があればしてみたい。とは言っていましたがどうせ潜るなら獲物を捕りたいと。。。
偶然にもわたしの兄が趣味で潜水をしているので一緒に潜ることになりました
しかしウェットスーツやら、沢山そろえる物があります。「やる」と決めたダンナ様は知らない間に潜水屋に通い一式、そろえてしまいました。
(全部で6万ちょいかかりました。。これならアワビも山ほど買えます。。
今月末に初潜水の予定がありますので獲物が捕れれば報告できると思います。
freedom.jpg




この出産の際に用意するものはたくさんありました。
初めての子供なのですべて”一”から揃えなくてはなりません
できるだけお下がりでいただけるものはいただいて残りのものを少しづつ揃えました。
お店では新しく便利なものがあって買い物のときに驚くことも・・・
『スリング』 みなさんは知っていますか?
名前は聞いたことなくても見たことがあるという人は多いのではないでしょうか?
一枚の大きな布で赤ちゃんを包む込むように抱っこできる物です。
スリングで抱っこをすると、抱っこをしてあげる人も肩や腰への負担が少ないうえ、両手が自由に使え、また赤ちゃんは密着することで、おなかにいた時と似ていて安心するようです
これは欲しいなぁ~と思っていましたが手作りで簡単にできるというのを見たことがあったので図書館で本を探してきました。
スリ

と、いっても裁縫は苦手なので生地だけを用意して義姉さんにお願いしてみました。
こころよく引き受けてくれさっそく仕上げてくれました
用意するのは2㍍の布とリング2個だけです。肩の荷のかかる部分はキルトをいれ肩への負担を少なくするような工夫をしています。
布も裏表柄違いの物を選んだので裏生地が見えても大丈夫です。これで少しでも育児が楽しく楽になればいいのになぁ~
スリ1

今日はあったかく花見にはいいお天気となりました。今日は、実家近くの花見の名所を紹介します
観音寺市にある寛永通宝の銭形砂絵で有名な琴弾公園。
ここでちょっと寛永通宝の銭形砂絵についてご説明
有明浜の白砂に描かれた「寛永通宝」は、東西122m南北90m周囲345mもある巨大な砂絵で、琴弾山々頂から見るときれいな円形に見えます。一般には、寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたといわれ、他に類を見ないものといえます。この銭形を見れば健康で長生き、しかもお金に不自由しなくなると伝えられ、多くの人がこの地を訪れています
zenigata.jpg

その琴弾公園にあるソメイヨシノは約300本。
公園入口では植木市が開催され、屋台もでていて毎年朝から夜遅くまで花見の人でにぎわっています
またこのさくらは「さくらの名所100選」に選定されています。
各地にさまざまなさくらの名所。みんなも自分のお気に入りのさくらがきっとあるはずですよね。
P11356M.jpg