マイペース生活

みんなからよく「マイペースやねぇ~」といわれます(*^_^*)


ちょうどいい季節だし大きい車も買ったことだし・・・
ということで家族4人とダンナ様の両親2人、計6名で1泊旅行へ行ってきました。

今回の行き先は「愛媛県宇和島」
同じ四国ですが愛媛の端っこ。。。
徳島からは4時間かかりました

朝の7時に家を出発、ばぁちゃんのおにぎりを食べながら愛媛へ向かいます。
時々、PAで休憩を取りながら宇和島へはお昼前に到着。
近くのお寺をお参りしました

DSCF1271.jpg

お寺ではきれいな紅葉も見られました
その後、大洲を少しふら~り観光し、宿泊予定の”内子”へ入りました。

この日の日中はものすごいいいお天気になり、昼間は半そででもいいくらい暖かくなりました。

家族旅行 愛媛その②へ続く。

以前に勤めていた気の合う仲間と少し早い忘年会をしました。
みんなに会うのは1年ぶり
頻繁には会わないけど定期的に必ず会っていろいろな話で盛り上がります。

このメンバーではほぼここの店・・・
かな? 焼肉「写楽」です

DSCF1297.jpg

いつもどおりシコタマ肉を注文してビールとお肉はお腹いっぱいに食べました。
ビール生活もほぼ完全復活!

やっぱり肉とビールは最高です。
ごちそうさまでした

『子供はどうにか会話できる歳までお母さんのお腹の中での記憶がある。』 
という不思議な話を聞いたことがあります

自分にも子供が出来たら絶対聞いてみよう!と決めていました。
息子さんはもう少しで3歳
時々、意味不明なことも言いますが・・・
やっと普通に会話できるようになりました。

こないだ「赤ちゃんの時、かぁちゃんのお腹の中どうやった?」
と何も前触れもなく突然聞いてみました。

そしたら・・・
普通に「きれいかったよぉ」っと。

えっ!
「何それ?」とか「何いよん?」と言われると思っていましたが普通に答えてきました。

続けて「お腹の中で何しよったん?」
と聞くと「お腹、トントンして遊んでたよ。」「うれしかったんよぉ」
と答えてくれました。

・・・不思議・・・

本当かどうかは分かりませんがこれが本当ならなんだかうれしいなぁ(涙)
もう少しして聞くともう記憶になくなっているのかな?
娘さんにも聞いてみようっっと

ちなみに友達子供は「暗くて狭かったよ。」と答えたらしいです。

娘さんも11月より保育所へ入所し、わたし自身も少し前から仕事を再開しています。
また忙しい日々の始まりです。

会社の人と最近、時々ランチへ行くようになりました。
こんなにゆったりと食事をするのも久しぶりです

こないだは「花杏(はなあんず)」へ行ってきました。
徳島に3店舗もある有名なお店です。

ランチも人気がありたくさんの人が来ていましたが店が広いので待たずに食べれました。
日替わり弁当は800円
少量ずついろいろな種類のおかずが入っているお弁当は女性向けです

夜にはジャズコンサートもあるようですね。
店の中にも手作りの商品が売られていたりギャラリー展もしていました。

ランチの写真がないので店の外観写真です。)
img_01.jpg

少し前に子供たちを連れて動物園へ行ったとき、駐車場でアンパンマンバスを見つけました。

DSCF1222.jpg

”アンパンマン列車”というのは有名ですがこんなバスもあるんですね。
見つけた息子さんも大喜び

こんなバスなら子供も喜ぶだろうなぁ。

と思っているとダンナ様から
「乗ったら見えんで。」
と的確なコメントを頂きました。

やっぱり子供がいると自分の洋服より子供の洋服を見る時間のほうが長く、またその回数も多くなっています。
一年前の服が小さくなって着れなかったり・・・
成長するのも早いものです。

一年前は男の子の服売り場しか行くことがなったけど、娘さんが誕生してからは女の子の服売り場へ行くことのほうが多くなりました。
女の子を持つおかぁさんが「女のこの方が服選びが楽しい~!!」
といっていたのを実感します
確かに。。。

かわいいズボンを見つけました。

DSCF1187.jpg

”I love mama”って・・・

「親バカか!!」とダンナ様に怒られましたが。
ウエスト部分には”I love papa”ってあるのになぁ・・・

外に干す洗濯物の色が青や緑からピンク、赤・・とカラフルになりました

こないだ息子さんの通う保育所のバス遠足がありました
去年のバス遠足は保護者同伴だったのでてっきり今回も一緒に行くものだと思い込んでおりました。
それにしても保護者への案内がないなぁ。。と思い先生に尋ねると
「子供さんだけですよ」と。

危ない。
張り切ってお弁当2個用意して一緒にバスに乗り込むところでした。。。

バス遠足の行き先は『徳島動物園』
近っっ。
朝は少し早起きしてお弁当を作りました

DSCF1242.jpg

ふたを開けたときにどんな顔をするのかな?
喜んでくれるかな?
と考えながら作るお弁当つくりは楽しいものです

出来たお弁当を見たダンナ様も「かわいいでぇ~
といってくれました。
「とぉちゃんのもこんな風にしようか?」というと
「結構です」と断られてしまいました。。。

お迎えのとき、先生に「すごく喜んでましたよ」といってもらい、帰ってふたを開けてみるときれーに全部食べてくれていました。
涙が出るほどうれしかったです

”鬼の目にもなみだです”

オイ!