マイペース生活

みんなからよく「マイペースやねぇ~」といわれます(*^_^*)


続いては・・・あまり聞きなれない「合筆」

これに関係のある人は少ないと思いますが・・・

どの土地にも番地が付いています。
ひとつの広い土地だと思うところも実は2、3個の番地からなっていることも珍しくありません。
うちの土地も3つの番地からなっていました。
3つの番地、これを3筆といいます。

それも1個は「畑」もう1個は「山林」です。
ずっと昔のままで、その間に道路が通ったり、山が削られたり・・
調べてみるとびっくりすること多いらしいです。

家を建てるには1つの番地にする必要があります。
2、3個の番地の上に1件の家があるというのも、変な話ですから。
まぁ、そりゃそうですね。

そこで「合筆」で1つの土地にします。
1番地が50坪、2番地が30坪とすると、どちらかの番地に統合し、80坪とします。

これも行政書士さんにお願いすると5万円前後は請求されるでしょう。

けど自分ですると1000円の印紙だけで済みます。

SCF1689.jpg

この「合筆」も法務局で見本と申請用紙をもらえます。
それを見て書きますが、簡単です。

添付資料としては「権利書」・・・2筆なら2枚あります。
あとは申請書には土地の所有者の実印が必要なのでその印鑑証明が必要です。
代理人が申請するなら、委任状が必要です。

これらを用意して法務局で1000円の印紙を購入して提出します。
1筆1000円です。2筆で2000円・・だと思います。窓口で確認できます。

数日後、ひとつになった新しい権利書ができ、ひとつの土地として登録完了です。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rariruretasu.blog71.fc2.com/tb.php/1076-c8c83e3b
トラックバック